酒風呂の日は健康増進を図ろうと制定されました。日本酒が飲めない人も日本酒の恩恵を受けられるのが酒風呂。酒風呂の日の由来や歴史からその効果を探ってみましょう。

酒風呂の日と酒風呂の歴史

酒風呂の日は日本記念日協会認定の記念日です。
冬至・春分・夏至・秋分の日が酒風呂の日です。
四季の節目に「湯治」として酒風呂に入り健康増進を図ろうと制定されました。
日本酒製造の責任者「杜氏」と「冬至」の読み方が同じであることも由来の一つです。

酒風呂は、今では日本酒の使用方法として様々な所で取り上げられていますが、実は、日本道観が酒風呂の元祖なのです。

「酒風呂の歴史」はコチラ
気になる項目をクリックしてください。その内容を表示します。

● 酒風呂の日・歴史について ●    ● 酒風呂の効果や健康法である理由 ●

● 酒風呂の入り方や注意事項 ●    ● 酒風呂のための日本酒の選び方など ●

● 酒風呂・崑崙の湯がラジオや雑誌で紹介されました ●

お問い合せフォーム 説明会 予約フォーム


酒風呂の歴史


酒風呂で美しく 酒風呂は、昭和59年に、道家道学院初代学長早島天來先生が気の健康法である「気の導引術」の一つとして紹介したのが始まりです。
気の導引術とは、呼吸にあわせてからだを動かすことによってツボを刺激し、体内の気の流れを活発にして、からだに溜まった悪いもの(老廃物、邪気)をすみやかに体外に追い出す方法。

いつまでも若々しく健康なからだを保つことができ、様々な心とからだの不調に効果的な健康法なのです。
酒風呂は、テレビやラジオでも取り上げられ、日本酒メーカーや温泉施設などでも取り上げるようになりました。

では、酒風呂にはどんな効果が期待できるのでしょうか?


「酒風呂で期待できる効果」はコチラ


▲ページトップに戻る